田舎で輝き隊!

田舎で輝き隊!とは

 

田舎で輝き隊!は大分大学経済学部を中心に大分県内の農山漁村における地域課題に取り組んでいる活動です。現在は安心院・野津・豊後大野・竹田を中心に、それぞれの地域の課題に対して取り組んでいます。大学内での机上の勉強だけではなく、実際に田舎へと飛び出して、地域の方の生の声を聞き、様々なことを体験して学んでいく、現場を中心とした活動です。

 

手をつなげば無限大

田舎はなにもない、課題が多いと思われがちですが、視点を変え、考え方を変えれば、新しく見えてくる価値があり、地域資源がたくさん眠っている宝の山です。一方で田舎における学生は、新鮮な視点、元気、実行力など田舎に足りないパーツをたくさん持っています。

 

田舎の可能性と学生の可能性を結び付ければ、可能性は無限大です。この様な思いを込めて田舎で輝き隊!のロゴマークは「手をつなげば無限大」をコンセプトに作成しました。活動地域によってカラーが変わります。

 

logo-inaka

 

カリキュラムの一環

田舎で輝き隊!の活動は経済学部のカリキュラムの一環として実施されているものがあります。基礎演習・中級演習での体験と高学年のスタディアシスタントによる活動運営に対する学びとともに座学を中心とした体系的な専門知識も学ぶことができます。